Ayo Ayo インドネシア

インドネシア語ビギナーによる習いたてのインドネシア語を駆使したkira-kira(だいたいの)インドネシア情報ページです。

Cerita pendek Dokter (医者の小話)

お題「マイブーム」ネットで見つけた日本語小話をインドネシア語にする…最近、頑張っております。主にどっかのまとめサイトや2ちゃんで読んだことあるお話です。

<目標>

1.インドネシア語ボキャブラリーを増やす

2.文章を作れるようになる

3.先生を笑わす

 

3.が最大目標になっているため、やはり直しは多いです笑

 

 

Percakapan para Dokter(医者たちの会話)

Docter A

「Hei, Kamu pernah jatuh cinta dengan pasien?」

やぁ!きみは患者に恋したことあるかい?

 

Docter B

「Ya, udah. tentu saja docter juga jatuh cinta.
Kebetulan waktu kami bertumu, Ia hanya seorang pasien.

うん。もちろん、医者だって恋に落ちるよ。僕らが出会ったとき、たまたま彼女が患者だっただけさ」

 

Docter A

「BETUL! Tidak apa-apa kalau jatuh cinta dengan pasien!!!!」

そのとおりだ!患者と恋しても問題ない!

 

Doctor B

「Apa? …Masa! kamu.... 」

なに?…まさか!おまえ…

 

Doctor A

「Sebenarnya…Ya,
Dulu Aku selalu khawatir karena Aku pikir itu tidak boleh sebagai docter.
Tapi berkat kamu, sekarang hatiku lega.
Jatuh cinta adalah hal yang hebat!」

実は…そうなんだ。

医者として許されることなのかってずっと悩んでたけど、きみのおかげで気持ちが楽になったよ!

 

Doctor B

「Tapi...kamu dokter hewan, kan?」

でもさ…おまえ、獣医だろ?

 f:id:mametax:20160417225652j:image

Kok Pasien melarikan diri?(どうして患者は逃げたの?)

Pasien usus buntu melarikan diri dari rumah sakit tepat seblem pembedahan.

盲腸の患者さんが手術直前に病院から逃げ出しました。

 

Aku bertanya kepada Dia kenapa melarikan diri.

私は彼にどうして逃げたか尋ねました。

 

Pasien menjawab dengan wajah hamper menangis.

患者さんは泣きそうな顔で答えました


“Perawat bilang pembedahan mudah jadi tidak usah khantir dan semangat!!!”

「看護婦さんが手術は簡単だから心配要らない、頑張って!って言ったんです!!!」


Aku bertanya sekali lagi apa masalah dengan ucapan perawat.
Pasien bertriak-bertriak….

私はもう一度彼に看護婦の発言の何が問題だったか尋ねました。


“Perawat bilang itu untuk docter yang akan mendedah aku!!!!!!!!!!!!”

「看護婦さんは僕を手術する医者に言ってたんです!!!!!!!!!」

 f:id:mametax:20160417225701j:image

いかがでしょうか?以上、お医者さんに関するおもしろ小話をインドネシア語でお届けしました。ちなみに医者はDokter、博士はDoktorとのこと。かなりのひっかけ単語です!