Ayo Ayo インドネシア

インドネシア語ビギナーによる習いたてのインドネシア語を駆使したkira-kira(だいたいの)インドネシア情報ページです。

インドネシアの童話切手とSi Kancil dan Buaya (小鹿さんとワニのお話)

インドネシアで見つけた小型切手シート

突っ込みどころしかなかったので買ってしましました。500円。

購入場所はウブドの郵便局(けっこう大きい!)

さて、問題のツッコミどころ満載の切手シートはコチラ。

f:id:mametax:20150611233135j:image

 

まったくストーリーがわからない。

手前の男性は自分で首絞めてるし。

蛍光の液体が口から出てるし。

龍は数珠持って泣いてるし。

水汲んでいる女性。悩みまくりの女性。他界している可能性がある女性。

 

そして切手として使用した場合、さらに物語がわからなくなる配置…

目打ち(切手のミシン目)に沿って切り取ると、残るのは龍のトサカだけ!!!

 

この童話のストーリーを誰か教えて下さい。

 この話とは別の童話を、インドネシア語スクールで教えてもらいました。

教材はこれ。

Si Kancil dan Buaya (小鹿さんとワニのお話)

 f:id:mametax:20150611233148j:image

 

このストーリーの概要をさらっと書きます。

日差しが強いある日、小鹿はヨロヨロと森に向かっていました。今日はいつもとは違いとても暑い。いつもは森の近くにいる農民のキュウリがあるのに今回はない。猛暑の影響で、美味しくて大きいキュウリがない…

小鹿は、仕方ないので、森に帰って他の食べ物を探すことにした。

帰る途中でとても大きい川があった。流れもとても速い川である。

急に1匹のワニが現れた!

「いないいないばぁ~!!!こんにちは、小鹿ちゃん。どこ行くの?この川を渡りたいんでしょ?」

ワニは小鹿をからかった。

「ワニさん、本当は君にぼくを食べさせてあげたいけど、こんな小さい身体だから、みんなで食べたら足りないでしょ?」と小鹿は諦めて答えた。

「ハハハッハ!大丈夫!我らは欲張りじゃないから仲良く食べるさ!!!」とワニは答えた。

「うーん、やっぱ足りるか心配だから、キミたちを数えさせてよ!」と小鹿はワニに交渉してワニはそれを承諾しました。

ワニのみんなは川の端から端まで整列して並びました。

「いいよ~小鹿ちゃん、数えなよ!」とワニ。

「おっけ!じゃあ、数えるよ! 1、2、3、4.......」

ぴょんぴょんぴょん♪

小鹿はワニの上をジャンプして川を渡りました。

それではインドネシア語で読んでみましょう…

Suatu hari yang sangat terik, kancil sedang tergopoh-gopoh menuju hutan dimana ia tinggal. Hari itu tidak biasanya panas sekali. Kecil baru saja memetik beberapa timun milik pak tani yang ada di sebelah hutan. Tapi kali ini ia tidak bisa makan timun pak tani yang terkenal sangat enak dan besar-besar. Kali ini musim panas berlangsung lama, sehingga banyak timun milik pak tani yang rusak. Terpaksa si kancil ke hutan untuk mencari makanan yang lainnya. Ditengah perjalanan ia harus melintasi sungai yang begitu besar dan sangat deras airnya.

Tiba-tiba muncul seekor buaya dari salam air di hadapan si kancil. "Ci luk baaa! Hello cil...dari mana kamu? Sudah lama ga jumpa, mau menyebrang ya?....pasti kamu ga bisa, ya kan? "Si buaya meledek si kancil yang ingin menyebrang sungai itu.

"Sebenarnya aku ingin menyerahkan diriku untuk menjadi santapan kalian, tetapi aku ragu apa tubuhku ini cukup untuk kalian semua?" Kata si kancil kepada buaya dengan pasrah.
"hahahaha..ya cukup lah cil, kita semua adalah buaya yang akur dan tidak asa yang serakan. hahahahaha" jawab buaya kepada si kancil.

"Baiklah tapi ijinkan aku untuk menghitung kalian semua dulu, sebab aku takut kalau tidak cukup" pinta si kancil yang cerdik kepada para buaya yang sudah tidak sabar ingin memakan si kancil.


Akhirnya para buaya berjejer memenuhi sungai mulai dari tempat si kancil sampai ujung sungai seberang sana.
"Baiklah cil, silakan kau menghitung jumlah kami" pinta buaya dengan sedikit nada memaksa.


"Oke deh, aku hitung ya...satu..duaa...tiga...empat..." Si kancil mulai menghitung satu persatu para kawanan buaya sengan melompati dari satu buaya ke buaya yang lain.

Sampai akhirnya si kancil sampai di buaya terakhir di ujung sungai, si kancil yang cerdik dan suka mencuri timun ini langsung lompat ke darat dan sambil berkata "Oke...jumlah kalian memang cukup...cukup untuk aku bodohi....hahahahahah..." Kata kancil sambil berlari masuk kedalam hutan dengan selamat.
Akhirnya kancil selamat dan bisa kembali ke dalam hutan.

 

アニメーション見つけた!ワニ以外の動物も出てきます。

上記した小鹿とワニのやりとりは24:00頃から。

 

www.youtube.com

上記したワニの会話文は今風(スラング)だそうです。

Ci luk baaa!は日本語で言う「いないいないばぁ~!」でよく使うとか。 わからない単語も多かったけど、まず、授業中に質問してしまったのが…

 

インドネシアの小鹿ってキュウリ食べるの?』